読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Snoop Dogg / Bush

f:id:incrimina:20170306221456j:plain


BUSHはSnoop Doggの13枚目のアルバムで

プロデュースは大ヒットしたDaft Punkの"Get Lucky"や"Happy"でお馴染みのファレル ウィリアムス。ゲストヴォーカルにはチャーリーウィリアムスやスティーヴィーワンダーが参加とソウルファンも聴き逃し厳禁な一枚となっております。全曲最高なんですが、中でも"This City" "R U A Freak" "I Knew That"辺りがモダンブギー〜ファンク好きには堪らない曲ですね。HIP-HOPと言う括りでは収まりきらないブラックミュージックを愛する人全ての方にオススメな一枚。私自身Snoop Doggのイメージが変わった貴重な一枚でした。





Brian Auger's Oblivion Express / Beginning Again

f:id:incrimina:20170303175719j:plain


イギリス出身の鍵盤奏者ブライアンオーガーの

LP"Straight Ahead"からのカット曲でパーカッシブなリズムにブライアンオーガーのエレピが絡む風通しの良いクロスオーバージャズの良曲。フリップサイドのStraight Aheadはフリーソウルのコンピにも収録されたクールなジャズロックでこちらもオススメ。両曲ともAcid Jazzレアグルーヴムーヴメントがきっかけで再発掘された曲で、近年では'Beginning〜'がMadlibのMIXCDに収録されていました。

Chico Hamilton / Mysterious Maiden

f:id:incrimina:20170301232951j:plain

CrusadersのWayne HendersonのレーベルAt Home Productionから80年にリリースされたLP Nomadに収録されていた曲の中でも人気の一曲であのJoe Claussellがプレイしていた様で各方面から熱い眼差しを浴びている様です。
Chico Hamiltonは50年代から活躍しているドラマーでImpulseやあの名門Bluenoteからもリリースしております。囁くような女性のコーラスにメロウなギターが入ったスペイシーなフュージョンでまったりしたい時なんかに聴きたくなる一曲です。また前述のJoe ClaussellがEdit盤をリリースしていてそちらも廃盤ですがオススメです。


Prince / Chelsea Rodgers

f:id:incrimina:20170228050132j:plain


今更感はありますが追悼の意を込めてPrinceの一曲をご紹介。07年リリースのLPが今では入手困難なPlanet Earthからの一曲で、純粋なPrinceファンからは無視されそうな一曲ではありますが、我々レアグルーヴファンなどにはむしろ人気の曲でMuroさんのMIXCDにも収録されていましたね。ファンキーなディスコナンバーで私は殿下の曲は数枚程度しか耳を通していませんが、その曲の中では一番好きな楽曲となりました。この12"は滅茶苦茶レアで某オークションでは万越えで出品されていました。

CDであればすんなり手に入りますのでまずは
CDからでも聴いてみてくださいな。

殿下のご冥福を心からお祈り致します。
RIP Prince........


LOYAL GARNER / Hawaii Today

f:id:incrimina:20170227190515j:plain

ハワイ物にはLemuriaやMacky Feary Bandなど

メロウなフリーソウル名盤が多数ありますが

本日紹介するLPもその一枚です。

何と言っても"You Are The Sun Hawaii"が最高にトロピカルでアーバンなフリーソウルナンバーでこの一曲の為だけに購入しても損はないはず。"Ciry Lights"も中盤に4ビートに転調する小粋なジャジーソウルでオススメ。

跳ねるピアノが最高な"Hawaii Today"など

一家に一枚レベルな作品。

https://m.youtube.com/watch?v=dpwSSRJZoeA

https://m.youtube.com/watch?v=Pz0oPFI8UH4

https://m.youtube.com/watch?v=oLd8ccih-Dw

Ken Rhodes / Profile

f:id:incrimina:20170221123110j:plain


今日は珍しくJazzの一枚をご紹介。

アメリカのピアニストケン ローズが74年に
残したピアノトリオによるジャズファンク名盤。LPのタイトルトラックであるとともに
MadlibのMixCDに収録されていた一曲で
まさに人力ブレイクビーツと呼ぶに相応しい曲でとにかくドラムが打っていてカッコイイジャズファンクに仕上がっております。
一般的なジャズファンには敬遠されそうですが、ことレアグルーヴ文脈では外すことのできない最重要曲だと思います。またブレイクを探しているDJ諸氏やB-BOYなんかにもオススメ出来るかと思われます。LP通して名曲揃いなので見かけた際は是非お手元に。。




Breeze / Everybody Loves Music

f:id:incrimina:20170217102529j:plain


Jimmy Biriscoe & The BeaversやCalender、Rhyzeなどでお馴染みの甘茶ソウル職人ポール・カイザーが絡んでいる一曲で、メロウステッパーなモダンソウルに仕上がっています。